ツーリングキャンプに行ってきました。

こんばんわ、AUGUSTです。

GWからちょっと時間が経ちましたが、GWに行ったキャンプツーリングを備忘録として記録しました。

 

行ったのは、天気が良かったGW後半。

昔から行きたかった妙高の黄金の湯を目的に、キャンプツーリングに行ってきました。

いつものように高速は使わず、下道をとことこと。

 

秩父を抜けて、299号に入り、十国峠は通行止めでしたので、ぶどう峠へ。

GWだから、そこそこの渋滞を覚悟していましたが、結構なスピードが出せたかな。

 

最初の目的地は、一度行ってみたかった鹿教湯温泉共同浴場へ。お代は300円なり。

いいお湯でございました。

 

最初の宿泊地は、上田市の市民の森キャンプ場へ。

無料だったので、そんなに期待してませんでしたが、環境・設備ともとても満足がゆくものでした。

直火もできるので、久々に炭火でのBBQもやっちゃいました。焚火セットの久々の登場です。

ソロキャンにはお勧めいたします。

 

2日目は、念願の妙高共同浴場、黄金の湯へ。

GWでは、まだ雪に埋もれて入れない年もあるのですが、今年は早めの雪解けで入れるとの情報が。でも、現地にいくと道の雪は溶けていなく、なんとか四苦八苦して入湯と相成りました。 お代は無料です。

 

次は、これも行きたかった野沢温泉の大湯へ。熱い温泉は好きなほうですが、ここの温泉は熱すぎて入れませんでした。湯舟は、加水しない奴と加水した奴の二つに分かれているんですが、みんな加水した奴に入るのので、激込み。

私が上がった後は、行列ができるほどの大人気でしたが、誰かあの熱い湯舟に入れたかな。

昼飯は、長野ということもあり、昨日に引き続き、蕎麦を食しました。

本場ということもあり、おいしゅうございました。

 

2泊目は、津南地区のキャンプ場を目指しましたが、ちょっと山の上に位置するキャンプ場でしたが、後2百メートルというところでまさかの雪道で通行止め。

さすが、雪国、あなどれません。

 

日も暮れてきたので、候補地を探します。

途中で、公園のようなところに、大型テントがいくつも張られた良さげな場所がありましたので、スマホでチェック後、電話連絡。

名前は清津川パークだったかな。

日帰り専用かと思っていたら、なんと宿泊も可能とのこと。それもお代は無料。

隣は、日帰り温泉があるし、キャンプ場にが無料の足湯が。

全面芝生で、敷地も広く、トイレもきれいだし、とてもお勧めです。

無料とは思えないです。

 

あと、この近辺での食料調達なら、道の駅さかえがお勧めです。

GWだったからかもしれませんが、在住のおばさま達が、山菜の天ぷらとか、キノコ汁、こしひかりの炊き出しなどを実演販売されており、とてもおいしゅうございました。それにとても割安でした。

 

翌日は、17号を通って、四万温泉共同浴場へ。これも無料です。

四万温泉は、昔も来たことあったのですが、今回は、四万温泉の源泉といわれる浴場へ。建物の造りは立派ですが、中の湯舟は3人も入れば一杯になるほどの狭さです。

行かれる方は、お気を付けください。

 

朝風呂のあとは、これもいきたかった、伊香保水沢うどんやへ。

ここは、いつも観光バスなどがきていて人気地区なのですが、今回は時間早めにいって、美味しくいただきました。

今回の昼はすべて麺類だったかな。

 

ここで、バイクに異変が。

キーオンしても、セルスイッチがうんともすんともいいません。

久方振りの冷や汗たらたら・・・。

ここで、バイクをおいていくのか、家までの輸送代はどのくらいかかるなど頭の中は???で一杯に。

 

こんなときに限って、最低限の工具しか持ち合わせていません。出発に際し、工具を少なくしたのが悔んでも悔やみきれません。

 

ラジオペンチを持ち合わせていないので、ヒューズの取り外しができません。でも、キーオンはするし、ヒューズが切れているだけでセルモーターが回らないだろうと目星をつけて、坂道を下りながらのエンジン掛けを試みました。いわゆる押し掛けです。

案の定、なんとか、ギヤをセコにした途端、エンジンがかかってくれました。

FIでも、押し掛けはできるんですね。(当たり前か)

 

はい、これで、本日での帰宅が決定。エンジンを切らずに自宅まで帰らなければなりません。ナビでは、自宅まで100キロほど。ガソリンも何とか持ちそう。

何とか無事に自宅へ辿り着きました。やっぱ、原因はライトのヒューズが切れていました。確り結線も行い、二度とおのような思いを味合わないように・・。

 

最後はバタバタとなってしまいましたが、とても楽しいキャンプツーリングを楽しむことができました。

今回利用したキャンプ場は、無料もありますが、有料でも十分お勧めできるものですよ。機会あれば、また訪れたいと思います。

 

また、焚火をしてみたいな。

 

 

バイクメンテしました。

GWを前に、バイクメンテしました。

前回では、フロントのタイヤ交換を記事にしましたが、今回はリアタイヤに、オイル交換、オイルフィルターも変えちゃいました。

夏場を控え、クーラントとバッテリーも交換です。

チェーンメンテも併せてやりました。

 

 

タイヤは、ピレリのSC2、これから路面温度が高くなる季節となり、ヘタレな私でも楽しく嬉しくなるタイヤですね。

ビード上げのポンピングですが、90回と95回、フロントの約3倍ほどかかりました。

私なりにはぎりぎりの回数かな、熱い夏場ならちょっときつかったと思います。

 

オイルの交換については、講習会などで順番待ちになるときになかなかニュートラルに入りにくくなると感じた時が、交換のタイミングとしてきました。

 

銘柄は全然気にしないんですが、一応ネットサーフィンで、皆さんがよさげと言っていた奴を選ぶかな。

今回は、AZの18をチョイス。化学合成油としては割安。いわゆるコスパは良いといわれている奴でした。

 

とりあえず、自分でできる消耗品関連は、やれたかな。

 

次は、フロントフォークのOHかな。

前乗ってたFZS1000Sは、正立だったので、自分でフォークオイルなど交換してましたが、CBRは倒立なので、自分の技量ではちょっと無理。取り外しは簡単なんですが。

前回は、テクニクスさんに頼んだけど、今回は噂のスクーデリアさんに頼もうかな。でも高いですよね。

 

ボーナス出るまで待っててね、CBR。

 

 

 

タイヤ交換の杞憂・・・

先週末にタイヤ交換しました。

フロント・リア共はまだ溝はあるのですが、フロントのトレッド面にヒビ割れが見られまして、ずっと気になっていたんですよね。

 

懐も寂しいということで、今回はフロントのみの交換ということで。

銘柄は久々のピレリ

ロッソコルサⅡです。

インプレをみてみると、ロッソコルサ1よりスーパーコルサSPに近いとのこと。

期待は高まります。

 

インターネットでは、よくタイヤのインプレをされている方がいらっしゃいますが、いつも感心しちゃいます。

私では、絶対無理だな。

 

私的に言えることは、タイヤは熱を加えれば、グリップはするという考えです。

ハイグリップタイヤはそれが顕著に顕れるということ。

溝はあまり気にしません。車検前には、法令があることから、変えますけど。

でも、タイヤに熱を加えるのって、結構難しいですよね。

いわゆるバイク操作が上手い人は、これが上手という方ではないかと勝手に思っています。

 

さて、タイヤ交換のほうですが、いつものように、アスクル、キャリパーなどを外して、ホイールを取り外します。

タイヤ交換の手順は、たくさんの方がアップされていますので、そちらを参考にしてください。

 

私なりのアドバイスとしては、タイヤのビードをホイールの中心に寄せること。

簡単に言えば、タイヤを踏んづけまくることです。

これができれば、結構、ホイールからの取り外しおよび組み入れはすんなりとできるのでは。

あと、タイヤレバーは先の薄いのを3本。薄いのがキモですよ。

 

 

タイヤ交換の一番のむずい工程は、ビード上げですよね。

 いつもは、近場のGSに車で持ち込むのですが、車を売却してしまったので、GSには行けません。

 

恐怖の空気入れでのビード上げです。

タイヤ交換をし始めた頃は、2タンクの足踏み型ポンプを購入して、ビード上げをしていました。これでも、結構きつかった思い出があります。

その後は、GS持ち込みに変わったのですが、車に持ち混んだり、GS店員の目を気にしたりと精神的にちょっと。

エアコンプレッサーの購入も考えましたが、嫁さんからはレッドカードが。

 

今回は、ロードバイク対応の空気入れで挑戦です。

結論から言って、ポンプ25回目と28回目でビードが無事上がってくれました。

 

思ったより、早めに上がってくれて、嬉しい誤算というか。

今回は、フロントということですから、リアはどうですかね。体積でいうと優に2倍はありそうな。

 

でも、ビード上げに相当苦労しそうだと思っていましたから、今後のタイヤ交換も自前でできそうかな。

 

 

ビード上げに苦しんでいる皆様、ロードバイク用の空気入れは結構いいかも・・・です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車、売っちゃいました。

今回、自家用車を売却しました。

娘たちも、家を出たし、嫁さんも使わないし・・・。

最近は、月に1,2回、近くの国立温泉スパに行くぐらい。

維持費を勘案したら、売却することにしました。

 

買い替えではないから、街中の買取専門店が相手になるわけですが。

インターネットで情報収集したいのですが、アフェリエイトばっかりで、ほとんど役に立たない。

 

一括査定で業者を呼んで、高値で買い競わせるという技がありますが、精神的および手間暇を勘案すると、私的にパス。

 

とりあえず、有名どころで、ガリバーとか、ビッグモーターとかアップルとか、予約をして伺いました。

 

結論から言って、時間の無駄でした。

 

インターネットで言っているように、彼らはまずこちらの売値を探ろうとします。

「いや、その前に、そちらの買値を教えてくれ」と言いたいのですが、それはまず、すぐには教えてくれません。ようやく出てくる買値もオイオイというもの。

最近、CMで有名なところは、最後まで教えてくれなかった。業者オークションを通さないから高値で買い取れると言うばかり。

 

不人気車ですが(1500ccのセダン)ですが、8年落ちの13000kmですよ。

カーセンサーの売値の2掛けというのは、本当でした。

 

次に、業者オークションに出品しました。

今は、無料で出品を手助けしてくれる会社があります。

売値を設定して、それ以上を上回れば、売却となります。

それ以下だと、保留となります。

私は、売値に届きませんでしたが、ある程度市場価値が判りました。

 

友人に、相談すると、ジモティを使えばと勧められました。

結論を言うと、業者オークションで設定した売値より高くして出品しましたが、2日で決まりました。

 

売却した相手に聞いてみると、ジモティの中古車売買は10万kmを超えるような多走行車が多く、このような低走行車は少ないとのこと。

売却した方からは、「本当にこの値段でいいのですか」と言われちゃいました。

 

車を売却する際は、いろいろな手段があります。

私も、最初は、売るなら街中の買取業者かなと思っていましたが、彼らの接客はちょっと・・・。

丁寧な言葉使いで買い叩くという感じですかね。

あれだけの値幅があれば、儲かるわけですよね。

 

バイクを卒業したら、車かな。

その時は、ジモティで買うのも一つの手かな。

 

 

 

 

1年分の整備・・・かな

こんばんわ、Augustです。

今年初めてのアップかな。

 

去年の12月の講習会でまじゴケしてしまいました。

ブログをみてみると、1年前の同じ講習会でこけていました。

こけた場所もタイミングも、傾斜走行の休憩明けで走り出してすぐのところと同じ。

 

体は大丈夫でしたが、バイクはカウルとハンドルに少々のダメージ。

今回の転倒を切っ掛けに、昔やっていたバーハン化を実行。

 

取付は半日で終わるかなと思っていましたが、ABMのステムとか、一つ目のヘッドライトやステーの在りかがどこかを探すのが大変でした。

 

取付完了したのはいいんですが、肝心のエンジンがかからない・・・。

 

ここからが大変でした。

まず、キーオンした際、燃料ポンプが作動している音がすることを確認。

次に、火花が飛んでいるかプラグをチェック。

しかし、SSのプラグ取り出しって、超面倒くさいですよね。

何とかプラグ取り出して、火花が飛んでいることを確認。

この際、プラグでのガソリンの濡れも問題なし。

 

取り出した際、何年か前に購入していたイリジウムレーシングのプラグに全交換をやりました。

 

火花が飛んでいれば、次は燃料系ですが、プラグはガソリンで濡れているし、なぜ爆発しないか・・・よくわからない。

 

とりあえず、インジェクターのチェックかな。

 

ガソリンタンクをはずし、セカンダリインジェクターをはずし、エアクリーナーをはずし、エアファンネルをはずし、燃料ポンプをはずし、エアインテークカバーをはずし、ようやく、プライマリーインジェクターにご対面。

 

たった3行で書いていますが、実際の工程は初めてということもあり、めちゃくちゃ時間がかかりました。

SSバイクのハーネスは、よくあんな狭いところに詰め込んでいますよね。バイク屋でのSSの整備代が高いのは納得です。

 

プライマリーインジェクターを取り外し、キャブレタークリーナーで洗浄。インタネットで調べると、電池を使ってインジェクターの作動状況をチェックされています。

私も、見よう見まねでやってみましたが、うまくチェックできませんでした。

 

組みなおして、キーオンすると、エンジン下部から、ガソリンが・・・。

最初は何が起きたのかわからずびっくり。

たぶん、インジェクターを取り付けた際、ちょっと無理して押し込んだ感じがしたのですが、案の定、Oリングが逝かれていました。

 

Oリングを購入して、インジェクターを組みなおし、再度キーオン。

 

結果は、・・・・エンジンかからず。

このあたりから、廃車も視野に・・・。

 

ガソリンは来ている。

火花は飛んでいる。

かからないはずはない。

 

少しでも電圧を高くと、自動車にブースターケーブルを繋いで、1分間セル回すこと数回。

最初は、セルの音は変わらず、あきらめムードでしたが、何回目かで音の雰囲気が変わり、いきなり爆音。

 

いやー、報われた瞬間でした。

 

翌日、久々のツーリングに出かけましたが、10分もするうちに、エンジンストップ。

CBRではFIの自己診断機能がついてて、点滅回数で故障原因を教えてくれるのですが、点滅回数を数えて、サービスマニュアルでチェックすると、セカンダリーインジェクションの不良とのこと。

 

次の日、セカンダリーインジェクションのカプラの付け直しをして、ようやく、MY CBRはご機嫌に走ってくれるようになりました。

 

いやー、それにしても、疲れた。

バイク整備は好きなほうですが、当分はいいかな。

 

 

 

次回の車検まで、バーハン仕様で走ってみようかな。

 

 

 

奥武蔵でトレッキング

先週の土曜日、会社仲間と奥武蔵でトレッキングしてきました。

 

場所は、物見山と日和田山

登山口は、299号沿いの武蔵横手駅から。仲間たちは、電車で来ましたが、私は、バイクで向いました。家からは2時間もかからなかったかな。

秩父に抜けていく299号沿いですね。

 

標高は3百メートル強といつものテント泊登山に較べれば、楽勝と思いきや、気温が高くて、結構つらかったです。

 

いつもはソロ行なので、みんなとおしゃべりしながらのトレッキングも新鮮で楽しかった。

 

今週末も天気は良さそうですが、寒気が厳しそうで、今年のテント泊もおしまいかな。

寒そうなので、CBRのメンテでもやろうかな。

 

 

520コンバートしました。

久々のメンテ記事です。

表題に記したように、今回チェーンの520コンバートを実施しました。

 

CBR600RRは、国内仕様は530なのですが、逆車は525仕様。エンジン以外はほとんど一緒だと思っていましたが、ナンデここに差をつけたんだろう。

 

チェーン選択にあたり、メーカーチェック。メジャーなメーカーは、DID、RK、EKの3社ですかね。どのメーカーの商品も、廉価版と高級品の2本建てかな。

 

この違いは、リングの性能とメッキ層の差。私が購入した120リンクでいうと、廉価版のスチール(メッキなし)だと、約12千円強。高級リングにすると、約5千円アップ。メッキ1層(シルバー)で約7千円アップ。メッキ2層(ゴールド)でさらに約2千アップ。

メッキにすると錆に強くなるとのこと。

 

価格では、オークションなどみてみると、ショップ価格は定価の40%から45%オフが一般的。ここは、個人出品に的を絞っていたら、DIDのZVM-Xのシルバーメッキが約60%オフで出品。なんとか、競合することなく、ゲット。

 

スプロケットは、サンスターをチョイス。特に意味なし。

 

取付は、いくつかのブログやyoutubeでお勉強。インターネットがないと、絶対自分では取付できないだろうな。

 

今回、自分で取付した際の注意ポイントは、以下の通りかな。

・カシメ工具のねじ締め込み部分にグリスを塗る。カシメ工具はオークションで出てる2千円ちょっとの奴でしたが、慎重に扱えば、使えましたよ。

・グラインダーは持っていないので、電動ドリルのアダプターを購入してリベットを削りましたが、安物のカシメ工具なので買ってよかったかな。

・圧入は、楽勝と思っていましたが、結構ムズかった。簡単には噛まりません。

・ノギスは必須。

 

とにかく、圧入およびカシメは、10回くらいノギスで測って、慎重にやりさえすれば、それほど難しくないのでは。

私はここで、時間を食いました。それでも、スプロケ交換も含めて3時間くらいでしたよ。

520コンバートの効果ですが、皆様が言われているように、静かになった気がします。

 

前乗っていたFZSでは、ゴールドにして自分的には失敗したと思っていたので、今回はシルバーにしたのですが、これは大正解。

できれば、メッキ2層のシルバーを出してほしいですね。

 

さて、今度のメンテは、プラグ交換かな。

1回、購入直後に変更しているんだけど、そろそろ交換時期かと。

でも、CBRのプラグ交換って、本当に面倒なんですよね。

 

いつになるかわからないけど、気長に待っててね、CBR。